俳句庵

3月『帰雁』全応募作品

(敬称略)

愛媛県     砂山恵子
かりがねの行きし港に里程標
さはさはと空鳴る音や雁帰る
隠岐島は後鳥羽の島よ雁帰る
帰る雁良性でしたと医師のこゑ
この地から離れぬ脚や帰る雁
兵庫県     岸下庄二
先発の雁の一団今朝帰る
雁帰る岬灯台遠ざかる
山城を遥に高く雁帰る
一斉に湖面を走り雁帰る
連れ立ちて鉤の編隊雁帰る
大阪府     藤田康子
空と海青のあはひに帰雁かな
新潟県     近藤博
雁帰るコンパスなきに北に向け
物憂げに鳴きつ雲井に雁帰る
再会を期して手を振る帰雁かな
隊列のやうに整然雁帰る
仰ぎ見る一糸乱れぬ帰雁かな
千葉県     唯我独善
妻の手の眼鏡に映る帰雁かな
四島の一括返還帰雁の日
雁帰る晩のおかずを買い足さん
ガンマンは南に向かひ夕帰雁
雁帰る寅次郎の旅の空
神奈川県     M雪ノ下
雁帰る口紅の色替へをれば
看板に日射しやはらか雁帰る
神奈川県     月のうさぎ
子らの声帰雁のV字大飛行
雁の名残異国の人が横にをり
神奈川県     川島欣也
雁帰る諳んじている道標
雁帰る山小屋の薪積み終わる
雁帰る静寂戻る過疎の村
雁帰る地球儀覆う航路網
落暉映ゆアルプス越える雁の棹
東京都     伊藤はな
雁の別れあかねの空の旅にをり
一点を向きし千の眼去ぬる雁
雁渡るはぐれぬやうに我もまた
遺伝子の支配を受けて帰雁かな
雁帰る空へ鉛筆走らせて
東京都     伊藤之忠
去ぬる雁我羨望の故郷に
かりがねの帰るこだまや茜空
にぎにぎし帰雁の後の寂かな
行く雁や木彫り未だに仕上がらず
汽笛鳴る水平線に雁渡る
千葉県     柊二
湯の宿の雪見の空や春の雁
奈良県     堀ノ内和夫
帰雁ならむ鳥影映る山の宿
神奈川県     立野音思古
空高く何処へ帰る雁の群れ
雁帰る友に伝えよ我が心
ただ一羽帰らぬ雁に人惑う
あかつきの雲間に消えて雁帰る
一筋に赤富士向かう帰雁かな
島根県     GONZA
年々と山は宅地に帰る雁
沼の魔法消えて飛び立つ帰雁かな
先駆ける帰雁の声や潔し
保育所は迎えの時間帰る雁
雁帰る北の山塊九十九折
東京都     五十嵐顕人
おんぼらと日を過りけり帰る雁
榛名湖をろうろう讃え雁帰る
ニルスてふ妖精乗せて雁帰る
妖精のニルスを語る帰雁かな
愛知県     西谷寿
帰雁する日は近し親子風見る
さびしくも帰雁する日は笑顔見せ
帰雁する日は良好と急ぐ群れ
本能に放浪するか帰雁の日
ひたすらに帰雁する群れ無事祈る
栃木県     鹿沼 湖
鈍色の空へ飛び立つ帰雁かな
棹となり鉤となり行く帰雁かな
北方へ群れてこゑなき帰雁かな
東京都     勢田清
ひたすらに高く飛び行く帰雁かな
草野球見上げる空を雁帰る
朝空に帰雁の列の限りなく
雁帰る別れし人のことばかり
手を振りて別れし人や雁帰る
東京都     安西信之
青空てふ大いなる画布雁帰る
ブラジル     林とみ代
帰る雁に心の悩み託しけり
しんがりを行くは老いたる雁帰る
行く雁や幾何学模様描きつつ
行く先は何処の果てや帰る雁
雁帰るダムの決壊悲しとも
三重県     平谷富之
日本の善し悪しを知り帰雁かな
買物の我を見届け雁帰る
神奈川県     佐藤博一
地球儀のどこも正面雁帰る
亡き母へ一筆託し雁帰る
北からの風に誘はれ雁帰る
逢いたきは亡き人ばかり雁帰る
雁帰るノアの洪水来る如く
神奈川県     金剛
雁帰る古傷うずく夕べかな
廃校の朽ちし肋木帰る雁
子らの声消えて薄闇雁帰る
行く雁や若かりし日の父と母
ふるさとの癒えぬ荒野や雁帰る
愛知県     遊泉(ゆうせん)
雁帰る余呉の湖深閑たり
陸奥の友の如何にや雁帰る
雁行くや天女降り来る余呉の湖
雁行くや山より海の哀しけれ
雁帰る山の彼方は遠江
ブラジル     西山ひろ子
帰雁かな今日は娘の誕生日
雁帰る空一面の水墨画
家族増える幸せ思ふ帰雁かな
細やかな雲間に消えて帰雁かな
迎へ待っ国ある幸や雁帰る
大阪府     津田明美
蒼穹の天に一声雁帰る
同胞の眠る地の果て雁帰る
さやけしは帰雁の声の残す湖
静岡県     城内幸江
立ち仕事一日長し帰雁かな
山々の影は重なり雁帰る
雁帰る母は小声で父を呼ぶ
雁行きて湿つた空になりにけり
長野県     木原登
明日帰る雁のあつまる余呉の湖
天に地に声ひびかせつ雁帰る
行く雁の空に水尾引く竜飛崎
湖蹴つて翔ちゆく雁の別れかな
外ヶ浜羽搏き渡る帰雁かな
岐阜県     金子加行
病室に母や帰雁を見しと言ふ
決意ある顔のあるかに雁帰る
惜別にききたる声や雁帰る
眼うらに荒れし山河や雁帰る
帰る雁鳴くや夜深の露天の湯
兵庫県     髙見 正樹
雁帰る取り残されし川景色
埼玉県     岸保宏
いつもより声高になり帰雁かな
今日だけは賑やか棚田雁帰る
山裾に影こしらえて雁帰る
千葉県     伊藤博康
真直ぐに振りかへもせず帰雁かな
帰雁なり土産話をほどほどに
また来てね手を振る先の帰雁かな
帰雁とやこの山川を忘れずに
明日の宿定めぬままの帰雁かな
愛知県     当卯
雁帰る空弁当のかんからかん
雁帰る土産の迷ふ八重洲口
雁帰る空弁当のカンカラカン
厳しきもありし老師や雁帰る
栃木県     長浜 良
どっと発ち哀しき列の帰雁かな
近隣の山低くして雁帰る
雁帰る産土神の空飛びて
雁行きて昭和短くなりにけり
滋賀県     船岡房公
ミレー絵の少女見上ぐる帰雁かな
V字にて空も濁さず帰る雁
東京都     内藤羊皐
貝塚の空昏々と雁帰る
抱き合ふ遺児の残せる帰雁かな
星辰の疵なき空を帰る雁
晩眺の湖を臨んで雁帰る
雁ゆきて初弦月の月を残しけり
大阪府     木山満
耳研ぎて帰雁の声の憐れ聞く
夕日負い帰雁北へと去りにけり
佇みて暫し見送る帰雁かな
雁帰る雲の切れ間を飛び飛びに
竿になり鍵になりして雁帰る
滋賀県     了庵
葬列のしんがりにわれ雁帰る
雁帰る月の光をしるべとし
雁帰る北に恋人待つごとく
入相の湖傾けて雁帰る
帰る雁見えますと鍵渡さるる
山口県     山縣敏夫
沖合に名残の雁や基地の街
初孫の泣き叫ぶ声雁帰る
雁行くやサイレンの音追うが如
カメラ手に雁の別れを惜しむ人
往く雁を仰ぐ児童の登下校
東京都     岩崎美範
長旅の無事を念じて雁送る
雁帰る吾子の名つけし一羽ゐて
被災地の空旋回し雁帰る
湖の子の手を振る中を雁帰る
明日からはひとりぼつちや雁帰る
東京都     笹木弘
万華鏡の奥を抜けたる帰雁かな
スカイツリーを小さくして雁帰る
雁帰る前も後ろも空の中
雁首を北斗に向けて帰りけり
懐にパスポート秘め帰雁かな
宮城県     林田正光
雨上がり夕陽の中へ雁帰る
雁行くや鎮守の杜を経由して
雁帰る火の見櫓のその上を
雁帰る空行く声の微かなり
海に出で一路北へと帰雁かな
徳島県     白井百合子
列をなしまた遠くなり帰る雁
雁帰る瀬戸大橋も揺れるなり
シベリアへ誰が待つのか帰る雁
竹林の真上を帰る雁の帯
モルヒネを首に吊るすや雁帰る
神奈川県     猪狩 千次郎
行く雁や吾が琴線をとよもせて
沈香を空に焚き染め雁帰す
行く雁や汽笛までもがぼおと鳴り
一羽二羽振り向く雁の名残りかな
行く雁や勝つてさみしも口喧嘩
岐阜県     ときめき人
魔術師の視線のゆくえ雁帰る
長野県     秀林
北の島 羨望の目で 帰雁かな
神奈川県     塚本治彦
病床の窓に見上ぐる帰雁かな
杜氏去りしあとの酒蔵帰雁かな
去ぬ雁や焼場の煙見てをれば
縦長の日本列島帰雁かな
車椅子止めて帰雁を見送りぬ
兵庫県     はなちる
待ち合わせビルの谷間の帰雁かな
一服の絵画の如く雁帰る
懐かしき大気を目指し雁帰る
雁帰群湖面にわかに波泡立ちて
夜半過ぎ微かな気配帰雁かな
千葉県     伊藤順女
ジョギングの頭上はるかに雁帰る
幼子の手を振っている帰雁かな
東京都     石井真由美
雁ゆきて寝ぐらひつそり湖沼かな
山襞を後にしてをり雁帰る
がぁーがぁーと家族の絆帰雁かな
ローカルの午前三本帰雁かな
大空の画布に飛び込む帰雁かな
東京都     かつこ
車中で補聴器offに目借時
鳩をみてうさが晴れるや目借時
神奈川県     守安雄介
潮光る宗谷海峡雁帰る 
病む雁に一鳴き残し帰りけり
雁帰る若鳥連れて戻り来よ
残さるる雁を囲いて烏群る
人の世の汚れを捨てにに雁帰る
山口県     ひろ子
再来を誓いて遠く帰雁かな
向かい風閉じるまなこや雁帰る
神奈川県     皆空眞而
囲われて帰雁の頃は「かう」と鳴く
ただ一羽帰雁の空よ主都東京
三日ほど経てば帰雁の田はただ田
雁帰る少年未だ魚釣り
東京都     佐藤博重
ふるさとの空をめざして雁帰る
岡山県     岸野洋介
雁帰る岡山いまはビルの街
広き野に煙たなびき雁帰る
空仰ぎ帰雁の無事をただ祈る
吉井川帰雁の空の下にあり
妻の墓帰雁の群れの通り過ぎ
青森県     竹浪誠也
雁ゆくや龍飛岬は風ばかり
騒がしき声や名残の雁なれど
北方の領土混沌雁帰る
雁ゆくや津軽の三味の乱れ弾き
岩木嶺に雲しなだれる帰雁かな
大阪府     太田紀子
二時間に一回のバス雁帰る
母危篤急ぐ車窓に帰雁かな
雁帰る能登半島に寄する波
三重県     後藤允孝
雁去りし池は静寂を持て余す
越冬のあかし消し去り雁帰る
この辺りかつて花街雁帰る
への字なり帰雁の声のいと侘し
雁去りて愛惜深む池の黙
埼玉県     いまいやすのり
望郷の上野の空や雁帰る
夕暮れの空を斜めに雁帰る
雁帰る下総辺り点となり
帰る雁少年の日の山河かな
連れ添うて老医の医院去ぬる雁
茨城県     風峰
一すじの水尾残して雁帰る
池の面のありしものなき雁帰る
見えてまた消えてまた飛び雁帰る
雁帰る池の面渡る風一陣
雁帰る筑波の嶺の上の上
神奈川県     松風子
翼々と淋しき街を帰る雁
旅終えて心平か帰る雁
何がしか胸に残して帰る雁
心急く羽音をなして雁帰る
乱れては列正しつつ帰る雁
愛媛県     加島一善
雁帰る残せし黒き羽根ひとつ
雁去るや月の光を背に受けて
雁帰る見送る母の丸き背中
雁行くや羽音の弱き一羽をり
落日の幕引き終り雁帰る
神奈川県     矢神輝昭
雁帰るひと航海は長いぞな
決めた事振り返らざる帰雁かな
雁帰る傷心の吾知らいでか 
雁帰る鉤や竿型気を揃え
吾が母の里へ一瞥帰雁せよ
奈良県     平松 洋子
雁帰るそして寂しき水辺かな
大空へ仲間睦みて帰雁の日
渡り鳥宿命背負ふ帰雁かな
愛媛県     渡邊國夫
雁帰る水軍城に波寄する
健やかを羨む日々や雁帰る
雁帰る我につきあふ癌のあり
朽ちかけのワープロ愛用雁帰る
春巻の色よく揚がり雁帰る
兵庫県     岸野孝彦
北帰行海峡渡る帰雁かな
国境も言葉も越える帰雁かな
群青の世界に還る帰雁かな
空仰ぐ指先遥か雁帰る
月を背に雁帰りけり朝茜
神奈川県     後藤真子
破れども空に帰雁のケセラセラ
ゆく雁の列や十二使徒のごとく
雁ゆきて横浜の海なお碧し
雁帰るテニスコートの遥か上
行く雁や亡父も北のふるさとへ
埼玉県     櫻井俊治
夕暮れを渡る川舟雁帰る
夕闇に群れを紛らせ雁帰る
神奈川県     井手浩堂
帰雁いま五重塔へ棹の先
真つ平ら帰雁の後の湖の面
鎌倉の山は要塞雁帰る
ブラジル     玉田千代美
空高く群乱れずに雁帰る
果てしなき深き空あり雁帰る
白雲の流れ静かに雁帰る
雁帰るミサの鐘鳴る空よぎる
大阪府     今野夏珠子
薄れゆく雪引き連れて帰雁かな
連山の雪を伴にし帰雁かな
東京都     石川昇
本能とあれど試練の帰雁かな
東京都     右田俊郎
何ゆえにこの地を捨てて雁帰る
住みやすき地に背を向けて帰る雁
帰りゆく雁に唱へるお題目
新任の地にて帰雁を目撃す
着任と帰雁交はる北の町
埼玉県     水夢
雁行くやラケット重き女学生
雁帰る茜に染まるスカイツリー
雁帰る疲れの滲む旅かばん
双眼鏡はみ出すほどの帰雁かな
気がつけば帰雁の空となりにけり
千葉県     長谷川ぺぐ
一竿の帰る雁かなボール投げ
行く雁や運動場の暮れかかる
雁帰るふろ屋の煙突がひとつ
雁帰る一羽遅れて列を追ひ
雁帰る列の一羽の列乱し
千葉県     四葩
名優の悔いなく逝きて雁帰る
速やかに列の整ふ帰雁かな
荼毘に付す小高き丘を雁帰る
神奈川県     亀山酔田
内腿のむちっと張って帰鴈かな
帰る雁北の地吹雪やんだのか
幾列も残月を蹴る帰鴈哉
見届けはあの山越える帰鴈哉
一啼きは月の高さよ雁帰る
埼玉県     哲庵
残業の窓より仰ぐ帰雁かな
深川に遊べば帰雁曇かな
一人乗る矢切の渡し雁帰る
野天風呂浸かり見送る帰雁かな
錆朽ちしキューポラかすめ雁帰る
神奈川県     海野優
雁帰る出発ロビーの慌ただし
背に重きいつもの鞄雁帰る
北へゆく飛行機の上帰雁かな
ふるさとは近くて遠し帰雁かな
神奈川県     龍野博史
小袋をリボンで結ぶ雛あられ
雛あられピンクの好きな男の子
どの色にしよう君への雛あられ
大空の果てをめざして雁帰る
寂しさを残し帰雁の空に消ゆ
大阪府     椋本望生
煙突の低き煙や雁帰る
波風を鎮めて別る帰雁かな
雁帰る沼に水尾を残しつつ
一羽飛び二羽飛びどつと雁帰る
帰雁西風沼も濁世の一つかな
東京都     中田ちこう
雁帰る終列車待つ無人駅
福岡県     西山勝男
雁行の湖北の空に翳りなし
惜別の声こぼしつつ雁帰る
行く雁の棹をととのふ空深し
雁引くや防人の碑へ声を引き
雁帰る湖北の空へ旅愁ふと
神奈川県     原川篤子
星々よ燦然とあれ雁帰る
わが胸におおき洞あり雁帰る
雁帰る今や鳥居はビル狭間
雲一朶富士に残れり雁帰る
憂ひ一つわれに残して帰雁かな
神奈川県     志保川有
雁帰るカンパネルラの星空を
痛む腰反らせし先の帰雁かな
殿の名残のひと声雁帰る
雁帰る石狩川の寡黙なり
ホームレス歌人の矜持雁帰る
大阪府     一法無双
去る雁に惜別の句を詠みにけり
大阪は見ることもなし帰雁かな
腹いっぱい餌をやりたし帰雁かな
去る雁やシベリアまでは遠かろに
去る雁に自然と笑顔こぼれけり
東京都     岩川容子
ときどきは列を乱して帰る雁
北へ行く夜汽車の汽笛雁帰る
北めざすその一徹の帰雁かな
雁帰る浜食堂の店仕舞い
愛知県     新美達夫
来し方を顧みはせじ雁帰る
国境は仮の決め事雁帰る
祖たちの北へ北へと雁帰る
生きてある輩糾め雁帰る
神奈川県     ぐ
洗濯に帰雁の空の広きこと
夕映えを影数多なる帰雁かな
雁帰る別れの文を描きつつ
大富士や雁帰る先晴れ渡る
葬列や帰雁の声の近かりき
神奈川県     三好康子
はろけしやこゑ落とし行く雁の棹
オホーツクの海傾けて雁帰る
行く雁のはろけきこゑを愛しめり
遥かなるV字の影や雁帰る
行く雁や繰り返し読む子の手紙
千葉県     みやこまる
もう一つの姓を辿るや帰る雁
雁帰る己が出生地の記憶
雁帰る雲の名ひとつ覚えけり
百五十年会津魂雁帰る
伯父卒寿小さき窓より帰る雁
千葉県     横井隆和
・隊形でマタネッと残し帰る雁
・終活す灯下に帰雁の声を聞く
・終活の灯下に届く雁音かな
愛知県     斉藤浩美
雁去りて沼は退屈してゐたり
雁帰る廃炉の町を眼下にし
みちのくは復興半ば雁去りぬ
宙(そら)の色数限りなく雁帰る
列なして校歌の空を帰る雁
埼玉県     小玉拙郎
汽水湖はさざ波ばかり雁帰る
山並みを西北へ越え帰る雁
羽根音は遥か雲居や雁帰る
望郷を力に千里雁帰る
東京都     豊宣光
夕空に帰雁の列や鳰の海
雁帰る平成終わる夕空を
水はねて旅立ちのとき帰雁かな
空高く雁行くころの愁いかな
帰雁の図掛けて和風の部屋となり
熊本県     貝田ひでを
雁帰る空にも路があるやうに
雁帰る空を見上げるホームレス
「バイバイ」と児らも手を振る帰雁かな
三重県     西井治男
水温み帰還準備の帰雁かな
ふたつあるふるさと目指し帰雁群
埼玉県     守田修治
ポケットにランボー詩集雁帰る
雁行くや口に含みし酔い醒まし
帰る雁朝の御神籤吉とあり
空はいま祝いのひかり雁帰る
海境を無心に目指す雁一家
東京都     岱鵬
もう行くか夕陽に染まる帰る雁
帰る雁ひこうき雲の交差点
水墨の一条煌めく雁帰る
先達に続きて湖面や雁帰る
再会を祈りて帰雁カーテン引く
東京都     遠山比々き
帰る雁発たせて夜の沼ひかる
埼玉県     彩楓(さいふう)
煙突に日の出湯とある帰雁かな
故郷の星空恋し帰る雁
行く雁や特攻基地の青き空
両の手に買い物袋帰る雁
神田川江戸城外を雁帰る
千葉県     堀川真里
暴力のニュースさまざま雁帰る
雨樋を雨こぼれたる帰雁かな
雁帰る逢魔時の風の色
兵庫県     ぐずみ
「俊寛」の舞台胸うつ帰雁かな
前書 備中吹屋 弁柄の屋根に影する帰雁
大屋根に猫のあえぎや月に雁
筑波嶺に那須に奥州雁帰る 
義経の神話ひも解く帰雁かな
福岡県     多事
タケさんと太宰の座像雁帰る
山の端へ帳ひきゆく帰雁かな
雁帰る蔵より出し羅針盤
薄月へ自転車漕ぐや雁帰る
雁帰るキャンプ場しか火は焚けぬ
神奈川県     髙梨 裕
行く雁や村残る子の逞しき
巣立つ子の後ろ姿や雁帰る
待つ人のいてこその家雁帰る
青空を帰る雁あり背広脱ぐ
神奈川県     髙梨 裕
雁帰る夕餉のお茶の温かき
東京都     豊島 仁
いつか見た切手に在りし帰雁かな
明けやらぬ空は帰雁の声ばかり
ガヤガヤとボスの命待つ帰雁かな
一直線旅路はるかな帰雁なり
旅の宿帰雁帰雁と起こされし
京都府     中村 万年青
雁帰る先頭行くは誰かしら
迷はずに古里めざし帰雁かな
近江には未だ二三羽の春の雁